苫米地式認定コーチ萩生田公式サイト

苫米地式コーチングとは

現在、「コーチング」と呼ばれるものにはさまざまな流派が存在しています。

 

私は「苫米地式コーチング」という流派の認定コーチです。

 

最初に断っておきたいのは、この記事だけでコーチングのすべてを説明することはできないということです。
理由としては、
コーチングは巨大な理論体系であること
コーチングは体感的な技術を含むもの
だからです。

 

 

コーチングは元祖コーチのルー・タイスと認知科学者の苫米地英人博士によって生み出された、心理学、認知科学、機能脳科学を含む膨大な理論体系です。

 

順をおってすべてを説明しようとしたら、本一冊でも足りません。

 

また、コーチングは体感的な部分が大きいものでもあります。
サッカーについて書かれた本を何十冊も読んだからといって、本当にサッカーを理解したと言えるでしょうか。
ましてやサッカーが上手くプレイできるようになるでしょうか。
コーチングも同じで、どうしても文章だけでは伝えきれない部分があります。
体感してみて始めてわかる部分が大きいのです。

 

 

伝えきれないことを断ったうえで、コーチングとは何なのかをお伝えしてみたいと思います。

 

コーチングは、人の持っている能力を最大限に引き出し、その人が心から望んでいるあらゆる目標の達成を目指す科学的手法です。

 

苫米地式の最大の特徴は以下の二つです。
1、ホメオスタシスを利用する
2、現状の外側のゴール設定

 

 

1、ホメオスタシスを利用するとは
ホメオスタシスとは生理学用語で恒常性維持機能のことです。
気温が寒くても暑くても体温を一定に保つなど、身体をいつも同じ状態に保とうとする働きのことです。
一般的には、ホメオスタシスは物理的な身体について語られる概念です。
ですが、認知科学以降「人間のホメオスタシスは情報空間まで広がっている」と考えられています。
人がホメオスタシスで維持している情報空間とは、その人の価値観そのものです。
暑くても寒くても体温が一定で保たれるように、その人にとって当たり前のものごと、考え方、環境をありとあらゆる手段で維持しようとしています。

 

持てる力のすべてを使ってです。

 

自分の価値観に照らして意味を持たないものは、RAS(脳のフィルター)で妨げられ認識することさえできません。

 

コーチングでは、この価値観、当たり前の基準を自分が望むものに変えます。
自分にとっての「当たり前」が変われば、無意識がそれを全力で維持してくれます。
そこに「努力」はありません。
無意識に呼吸をするように、そうせずには居られなくなるということです。

 

通常であれば、その人の価値観は、すべて過去の経験から与えられたものです。
これを変えるには、視点を未来に移す必要があります。

 

自分が心から望む未来をゴールと呼びます。
ゴールが自分にとって現実と思えるほどリアルになれば、脳はその「未来の現実」を全力で維持しようとし始めます。

 

 

2、現状の外側のゴール設定とは
ここで重要なのは、ゴールを現状の外側のものにするということです。
理由としては主に3つあります。

 

一つは、現状の内側にゴールを設定すると、より現状に強く縛られるようになるからです。
会社で出世することをゴールに設定すると、いまの会社で働く以外の選択肢が見えなくなります。
現状を変えたいからコーチングをやったのに、より現状から抜け出ることが難しくなってしまいます。

 

二つ目として、現状とかけ離れたゴールの方が生み出されるエネルギーが大きいからです。
心から望むゴールであれば、現状から離れているほど、自分に要求される能力、変化が大きいものになります。
あらゆるリソースについて考えず、何でもできるなら何がしたいかを考えてみます。
ホメオスタシスを維持しようとする強烈な力を利用すれば、方法はあとから見えてきます。

 

三つ目として、他人のコントロールから逃れるためです。
私たちの価値観は、すべて他人から与えられたものです。
生まれつき、テレビを見るのが好きな人はいないでしょう。
生まれつき、ブランド品が好きな人はいないでしょう。
ゴールが思いっきり高い次元にあれば、他人のコントロールから離れることができます。
他人ではなく「自分」が心から望んでいる価値観に近づいていくことができます。

 

 

それでは、コーチからコーチングを受ける意味は何なのでしょうか。

 

私を含む「コーチ」の役割は二つです。
一つはクライアントがゴールを探す手助けをすること。
二つ目として、クライアントのエフィカシーを圧倒的に高めることです。
(エフィカシーとはゴールを達成する自分の能力に対する自己評価)

 

感覚的には1000倍くらいにエフィカシーをあげると、苫米地博士はおっしゃっています。

 

セルフコーチングの手法を用いても、もちろんエフィカシーを上げていくことができます。
ですが、セルフコーチングは時間がかかります。

 

最低でも1年くらいはアファメーション等を繰り返す必要があります。
ちなみに私の場合、毎日セルフコーチングを行って1年くらい経ったころに、認定コーチ養成講座に申し込みました(笑)
ゴールに近づくためには、現状の不満を解決するためには、コーチングを体感レベルで学ぶ必要があると感じるようになったからです。

 

そこで本物のコーチからコーチングを受け、エフィカシーがあがるということを嫌というほど実感しました。

 

行動せざるを得ないほど現状に対する不満が大きくなり、現状の外側のゴールにいる自分が当たり前になる感覚です。

 

短期間に強烈にエフィカシーをあげるにはプロからコーチングを受けるのが一番です。

 

コーチと場を共有し、コーチという新たな関係が加わることによって自分の縁起のネットワークが書き換わります。

 

現状のコンフォートゾーンで縛られて身動きができない方は、一度ご相談ください。

 

 

私のメルマガでも解説を試みておりますので、興味がある方はご登録ください。
メルマガ登録はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
コーチプロフィール セッションメニュー セミナー・イベント情報 お問合せ